読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新日本プロレスワールドの感想ブログ

プロレスの話。新日本プロレス見放題サービス、新日本プロレスワールドの話など。

「永田裕志vs鈴木みのる」が絶対組まれないのは、新規客を増やすため

2017/02/21の 真壁刀義デビュー20周年大会で組まれた試合で、鈴木みのる選手と柴田勝頼選手の抗争がスタートしました。

 

試合後の永田裕志選手のツイートは、過去の因縁を含んだ内容です。

 

永田選手と鈴木選手は高校時代から因縁があり、二人の歴史も楽しめる興味深い抗争になる可能性があります。

 

 

しかし、二人が抗争を始めたりシングルで対戦することはありません。永田選手が「今じゃないな」と言うように、新日本プロレスにとってタイミングが違います。

 

新日本プロレスは新規客を増やす時期なので、永田裕志vs鈴木みのるのような既存客向けの試合は組みません。

 

 

企業の施策には、新規客を増やすための施策と、既存客の購入金額や購入回数を増やすための施策があります。最近の新日本プロレスは新規客のための施策の割合が増えています。

 

新規客を増やすための施策としてはアニメ「タイガーマスクW」の放映や目新しいカードでのタイトルマッチや抗争があります。既存客へ向けた施策の代表として「真壁刀義デビュー20周年大会」のような記念興行があります。

 

新日本プロレスが新規ファンを増やそうとしている姿勢は、オーナーが世界一を意識したツイートをしてることからも感じられます。世界一のWWEとの売り上げの差は20倍以上あり、新規を増やす事が必須となっているので、新規向けの興行や抗争が多くなっています。

 

 

そして鈴木軍としても新規ファンを増やす時期なので、永田選手ではなく柴田選手にしかけていったのです。

 

結婚した選手がタイトルマッチで負けないのは、大相撲と似てる

結婚したばかりの選手はタイトルマッチで勝つことが多いですが、これは大相撲と似ています。

 

njpwworld-kansou.hatenablog.com

 

以前オカダカズチカ選手の結婚についての記事を書きました。結婚発表直後のIWGPヘビー級タイトルマッチではオカダ選手が勝利しています。

 

プロレスラーが結婚を発表することはあまりないですが、発表した選手を見ていると直後のタイトル戦で勝つ確率が高いようです。

 

近年だと、KAIENTAI-DOJOヒロ・トウナイ選手がタイトルマッチで負けた直後に結婚発表を行いました。トウナイ選手の場合は結婚発表と同時に、転居とレギュラー出場の終了が発表されていて、例外と言ってもいいでしょう。

 

結婚の発表が無いケースでも結婚した選手の勝率は高いようで、関係者のみ参加の披露宴でベルトを持って来たり「チャンピオン」と紹介されるケースは多いようです。

 

かつてアメリカの経済学者が大相撲の八百長について論文を発表したことがあり、同じ著者が書いた書籍も日本で出版されました。7勝7敗の力士が千秋楽で勝ち越すことが多い事実から大相撲で八百長が行われているのは確実、という内容です。

 

内容はショッキングですが、当時日本からの反応はほとんど無かったといいます。日本人からしたら、「何をいまさら」ということでしょう。

 

また、7勝7敗の力士の千秋楽での勝率は確かに高く感じるますが、結婚したばかりの力士の勝率も高く感じます。人情相撲という言葉があるように、相撲の文化には勝った負けた以外の要素があり、ファンはそれも含めて楽しむという伝統があります。

 

 

 

日本のプロレスの祖、力道山が大相撲出身といこともあり、日本のプロレスは相撲の文化の影響を受けていると言われています。

 

新婚の選手を、会社や周りの選手がサポートする文化があるとしても不思議ではないでしょう。

 

結婚したての選手の勝率が高いのは、本人の状態以外に会社や周りの選手のサポートにより、有利な状態でタイトルマッチに臨めるのでしょう。

 

逆に、タイトルマッチで勝利したり、絶好調な結果を出している選手は、発表していないだけで最近結婚したのかもしれません。

 

 

タイガーマスクW 第18話 誕生!スプリングタイガー の感想

タイガーマスクWの第18話 「誕生!スプリングタイガー」 の感想です。

 

試合の描写が面白い!

 

 

試合シーンが長くていいですね。

試合中のふくわらマスクの解説もわかりやすいです。

 

ディーバ対決に加えてプロレス素人のヒロインがリングに上がるという、ストーリーの本線からはやや外れた内容です。試合が面白いので見入ってしまいます。

 

また、ビジネスの場面が面白く描かれています。

 

世界最大のプロレス団体GWMが日本での集客に苦戦する話や、急病で欠場した選手に対する違約金など、シビアな描写が目立ちます。

 

 

 

タイガーマスクWは、試合シーンが長い回と短い回を交互にはさんでいる印象があります。今回の第18話のように主役のタイガーマスクが中心ではない回も多いです。

 

重苦しいテーマや激しい試合シーンが連続する事を避けているようにも見えます。

 

タイガーマスクW 第18話「誕生!スプリングタイガー」はテーマ重苦しくなくて試合は激しい、そしてビジネスはきっちり、今の新日本プロレスの目指すところと重なっているのでしょう。